[]任天堂に関する考察

任天堂の開発について書かれた、今日の日経ニュースを読んだ。

▼気になったことを羅列

・開発は最初にほかのソフトメーカーにありがちな「小学生層を狙ったゲーム」といったマーケティングは特にしない

・アピールしたい面白さに的を絞って企画書を作る

▼ゲーム開発の2つの強み

・ネタ元が既存商品に似ていて必ずしも独創的と言えないものもある。しかし、そこに新たな面白さを加え、売れる価格帯で商品化する

・開発者が日常のささいな事柄に面白さを見出し、誰もが楽しめるソフトに落とし込む

▼たいせつなこと

・一握りの天才より、チームワークとコミュニケーション力

つまり、

アピールしたい面白さを徹底的に、チームみんなで

濃厚なコミュニケーションの上で追及する

つー事が大切?

WEBでの制作も、似てると思うんだよな~。

必ず新しくなくてもいい。独創的でなくてもいい。

今まであるものでもいい。

でも、「新しい面白さ」さえ加えて、売れる価格帯・ターゲットに売ればいい。

と言うことですね。

マーケティング、勉強しようっと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - []任天堂に関する考察
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です