TitaniumMobileでiPhone+Android+モバイルWEBアプリを実現する

TitaniumMobileを使って、iPhoneアプリやAndroidアプリは作れるが、
同時に作れると言ってもそれぞれにそれなりなアレンジが必要になります。

そこで、HTML5を使ってモバイルWEBアプリを開発し、
iPhoneやAndroidの両方に一気に対応する方法なら、
それぞれに必要なアレンジの負荷が減らせる気がします。

具体的にどれほどの事ができるのか、
簡単なテストアプリを作って調べてみようと思います。

▼アプリ「さくせんへんこう」
twitterのログインで、自身の気分から
・みんながんばれ (バランスよく生きます)
・じゅもんをせつやく (MPを節約して生きます)
・ガンガンいこうぜ (可能な限りの力で頑張る)
・いのちをだいじに (HP回復に徹底します)
・いろいろやろうぜ (アイテムつかいます)
・じゅもんをつかうな (呪文はつかいません)
を選択。
それらをツイートして、時間を保存するだけのアプリ。
「#さくせんへんこう」で世界の状態が知れます。

▼iPhone, Android, モバイルWEB対応のポイント
まずはCakePHP使って、モバイルWEBアプリを仕上げます。
・twitterログイン。
・ステータスをポストする機能。
・ステータスをポストした時間をログ化、閲覧する機能。
・「#さくせんへんこう」を眺める機能。
これくらい。

3つのタブから構成。
・さくせんをへんこうする
・ログを見る
・「#さくせんへんこう」を眺める

では実際につくってみます。

(つづく)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - TitaniumMobileでiPhone+Android+モバイルWEBアプリを実現する
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です