2012年12月28日の日経新聞で気になったこと

2012年12月28日の日経新聞より

■真相深層 レジャー堅調の理由は? 感動体験に財布開く
オリエンタルランドのTDRが上期として過去最高の入園社数を達成。
個人消費全般に陰りが出るなか、なぜレジャーに支出が流れるのか。

40歳以上増える。
シニアなど40歳以上の世代がおおくなった。若いときにTDRに来た経験をもつ。
思い入れの有る場所として、親や祖父母という立場で子や孫を連れてもう一度おとずれる。
3世代で時間を一緒に過ごせるパーク。

ぬいぐるみなどのキャラクター定着による、入園料に物販や飲食を合わせた、
一人当たりの支出額が1万410円と上期として最高。

SNSが追い風。
ものからサービスへお金が流れているということ。

 → 心が豊かになるサービスに対して価値を認める。

■小学館や昭文社、デジタル教材を拡充 TV・スマホで学習
出版社各社がスマホやテレビ向けのコンテンツ配信を強化。
小学館は4月から小学生を対象とした動画教材を家庭のテレビへ配信。
昭文社はスマホと連動して外国語を学べる無料アプリ付き語学学習本を国内始めて28日に発刊。

■グーグル、TV連動番組ネット配信 広告料を前払い
テレビ局など13社の独自動画をネット配信すると発表。
広告料を異例の前払いし、魅力的なコンテンツ集め。

→ 投稿動画サイトから始め、ユーザを大きく獲得。今後テレビに変わっていく様相。

■冬ボーナスの使い道は「貯蓄」「生活費補填」68% 節約に限界、副業探る動き
可処分所得が減ってること。社会保険料の負担増、住民税の年少扶養控除の廃止など、14年からの消費税率引き上げ前にも手取り収入の減少につながる措置が続く。
ボーナス中で自由に使える金額は10万円未満が5割。
副業は生活費のためが48%。

■年末年始、帰省と別に国内旅行 日並びよく料金てごろ 3、4日出発など好調
実家で年を超し、1月3日の出発で2泊3日の温泉旅行などの需要。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2012年12月28日の日経新聞で気になったこと
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です