環境を整えましょう 2

全くわからない状態で始まったiPhoneアプリ開発!

今回は、環境を整えるの第2回です。

前回までのあらすじ—-

iPhoneアプリを作りたいと一念発起した私は、iPhoneとMacBookを購入。

日本語が入力できない・iPhone SDKがなかなかダウンロードできないという軽いハプニングを乗り切り、ようやくiPhone SDKをインストールできたのでした。

——————

さて、SDKの内容はどうなってるんでしょうかー。

以下本で読んだ内容を噛み砕いて掲載してみます。

■Xcode(★)

iPhone開発環境で最も重要なツール。

プロジェクト開発、管理環境。

■Insruments

iPhoneアプリの動作状況をプロファイルするツール。

■Dashcode

従来のブラウザ観光の外側で実行されるWebベースのスタンドアロンアプリケーションを作成。

■シミュレータ(★)

iPhoneのシミュレータ。マックのデスクトップ上でiPhoneを操作できます。

■Interface Builder

UIをグラフィカルにレイアウトして、Xcodeソースコードからそれらのプリビルドインターフェースへのリンクを可能にする。

らしいですねー。

うん。よくわからんw

#★が重要らしいです。

さて・・・これからがんばりましょうか。

#全く関係内ですが、マックめっちゃ使いやすいですね。。。

昔はマックユーザだったんですが、最近Winばっかり使ってたので。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 環境を整えましょう 2
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です